なろうマンガ・B級マンガなどの感想

軽い気持ちで読めるなろうマンガやB級マンガの感想。まともな漫画については別ブログにて

「ブラックジャックによろしく 精神科医編3」

mangaonweb.com

息子が命を懸けて訴えてもなお、親は息子が何を望んでいたのかを考えようとすらしなかった。

f:id:tyoshiki:20190602153600j:plainf:id:tyoshiki:20190602153648j:plain

母親の気持ちもわからないではない……

f:id:tyoshiki:20190602154203j:plain

何もできない子だから守ってあげなければならないという、使命感で自分をずっと犠牲にして子供を守ろうとしてきた。最善だと思って、息子を病院に預けてきた。
なのに、自分が間違ってきたと認めるのはあまりにつらい。サンクコストがでかすぎる。

f:id:tyoshiki:20190602154345j:plain
誰かお母さんのことも慰めてあげて……

この大騒動で得られたことがたった一つだけ

f:id:tyoshiki:20190602155202j:plain
早川さんが、自分が病気であることを受け止められそうになったこと。多分何もなければ、彼女はずっと病気であることそのものを認識することができないままだった

f:id:tyoshiki:20190602155342j:plainf:id:tyoshiki:20190602155351j:plain
自認さえできれば治らない病気ではない

大切なのは未来です。私たち親にできることは、
何も与えず、なにも負わせずに、ただ社会に立たせてやることじゃないでしょうか?


最終的に小沢さんは息を吹き返す。その後どうなるかは描かれていない。
斎藤くんも、「これからだ」という感じで作品終了。


何も変わらなかったけれど、「自分も変わらない」ことを確認できた

榎本君、これは私の正直な気持ちなので変に受け取らないでほしいんだが。

私は今回やりたいことをやらせてもらった。
だからどんな結果であれ、受け止めようと思っている。
だが、私がやりたいことをやれたのは、君のような人間が会社にいてくれたおかげだ。

金は私を無視しなかった
私を否定したいだけなら、私を無視すればよかった。
だが、君はそれをしなかった。感謝している。

f:id:tyoshiki:20190602155931j:plain

表現について

f:id:tyoshiki:20190602160003j:plainf:id:tyoshiki:20190602160013j:plain
表舞台に上がるというのは並大抵のことではない

f:id:tyoshiki:20190602160048j:plainf:id:tyoshiki:20190602160041j:plain
常に火をつけて回っている放火犯の自覚を持つ

【スポンサーリンク】