ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

日経平均をシンプルに一つの株と同じように考えると見えてくるもの

これも教えてもらった話。


日経平均PER PBR 日経平均株価適正水準

f:id:tyoshiki:20160205232352j:plain

これは……非常~~に。まずい。17,518円をつけた1/29より現在の16600円になっている現在の方がPERが高い。つまり今日本は不当に売られているわけではないし、黒田バズーカーの威力がなかったということでもない。2月1日に日経平均のEPSが大幅に下方修正することになった。これを受けて単純に水準訂正を受けてる
だとすると、この後売られすぎの反動で多少上げたとしてもその後またたたき売り食らう危険がある。そして、今の日本は叩き売りが始まった時PER13.3まで覚悟しなければならない状況なのだ。


f:id:tyoshiki:20160205232623j:plain

これは日経平均とPERの関係。青色の帯の部分がPER14~PER16の価格帯です。これをみるとわかるように

・PER70倍を越えたあのバブル期や、そもそもEPSがマイナスになってしまったリーマン・ショック前後を除き(リーマン・ショック直後の日経平均のPERは∞)日経平均はだいたいPER14~PER16のレンジを移動する。

・調子がいい時がPER16、調子が悪いとPER14程度。ずっとこのレンジを移動する。
 ドル円が118円くらいでPER15あたりが適正値と言われてる。
 そこから崩れだすとPER14まで移動。調子が良くなるとPER16あたりまでは買われる。そういう動きをずっと繰り返している。

直近の黒田バズーカーの極端な動きの時ですら、このレンジでやはり抑えられた。というより、この仕組がわかっている人からすれば「ここからは売り」というのは死ぬほど分かりやすかっただろう。ドル円が120円なのは一瞬だけ元の118円前後に戻ると考えれば「PER15倍越えたら売り」。こんなシンプルな動きだったわけですか……。実際はそれほどシンプルじゃないのはわかりますが、ただ、このシンプルな枠を覆すような要素はなかった。17900からは売りなのは間違いなかった。

私にはそれが全くわからなかったからなんでこんなに急に売られるんだと狼狽するしか出来なかったけれど次からは外資系動向とあわせてこの2つだけは絶対に覚えて置かなければいけない。




関連としてはこの記事の内容が大事ですね。


日本市場におけるプレーヤーは日本人から外国人に変わり、彼らの信じる指標、水準が持ち込まれ、彼らが納得する水準まで訂正されたのです

欧米の株式におけるPER水準は平均すると15倍程度に収まります。この水準が彼ら外国人投資家の考える基準なわけです。アメリカやドイツに比べると最近までの日本株は業績に対してあまりに割高な水準である一方で、日本がアメリカやドイツに比べて高い成長率があるわけもない(むしろ低い)ですから、割高な状況が許容されるわけがありません

私は以前この記事を読んだことがあったにもかかわらず、それを自分で確かめるということをしてませんでした。よく考えたら、モルガンの藤戸さんのレポートでも毎回同じことを言ってましたね……そういう話だったのか。


まとめ

①現在の日本のPERは15前後が標準。ドル円が下げればより苦しくなる。
 成長鈍化を考えると今後水準訂正が起こってPER14が普通になるかもしれない。

②日本のEPSやPERは毎日更新されている。それをちゃんと見た上で判断しなけれればならない

③さらにこの水準を判断するのは外国人投資家であるため、外国人投資家の動きを毎朝チェックして見極める

これらは株式投資をする人間として義務、くらいに考えておかなくては。そして、おそらく日経平均が暫くの間EPSの低下に引きずられて下がることは避けられない。あるいはずっとそうかもしれない。

なので、今後株式投資をするのであれば、日経平均のパフォーマンスより遙かに優秀な有望な銘柄を狙っていく必要があります。それ以外を買うと日経平均にひきずられてズルズル負けるだけでしょう。





さて本日はアメリカの雇用統計です。雇用者数だけはかなり悪いですがまだギリギリ保っているようです。

日本はPER15ですがアメリカはPER22。日本より遙かに成長力が高いことを前提として株価が成り立ってますね。

その牽引役であるアップルは崩れたものの、それ以外の決算はいまのところ今年も順調のようです。しかしこれが崩れたら、その崩壊の度合いは日本より激しいということになります。

こちらもかなり気をつけたいところですね。




それにしても、こんなん知ってないと、調べようとか考えたりしなかったと思われるのでむちゃくちゃ勉強になります。

この記事の話って今後の投資を考えたらうん万円の価値があると思うの。

実際これを知ってたら今月に入ってからの損害の大半は回避出来てたと思う。教えてくれた人に心から感謝いたします。

【スポンサーリンク】