読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

「株で勝率9割」なんてトレードスタイルは、下落相場では確実に死ぬと思う

自分もろくに勝てていないですが、変なトレードスタイルを売りにしている人が商材売ってるみたいなので
ちょっと身の程をわきまえずに書いてみます。



強気相場で好業績の銘柄選んでもきちんと勝てる銘柄は6割くらい……

私はトレダビでは50銘柄くらいを売買していますが
先週までは非常に強い動きだったものの、それでも銘柄の勝率(=5%以上の利確ができたもの)は6割くらいでした。

逆に言うと、これほどの強気相場でも4割は微益撤退あるいはロスカットしています。
特に1割の銘柄は5%以上のマイナスが出てます。 これでだいたいトータル25%くらいの利益でした。

私はこれでいいと思ってます。なぜなら、株で大事なのは銘柄の勝率ではなく、利益を伸ばすことだから。



ナンピン買いが通用するのは「超金持ち」か「強気相場が継続する時」だけ

強気相場では業績の良い銘柄を買えば割りと適当でも勝てます。
この相場ならナンピン買いをすることによって勝率9割が目指せるかもしれません。実際、結果論ですが2月中だったら私が負けた4割の銘柄でも殆どのものはナンピン買いをしていたら5%以上の利確ができていたと思います。


でも私はそんなトレードをしようとは思いません。
ドルコスト平均法を使おうがマーチンゲール方を使おうが、バフェットのバイ&永久ホールドと言おうが結局はナンピンです。
値段が元買った価格より上がることを前提としています。
しかしこの方法は資金余力の低い人が下落相場でやると一発退場のリスクが出るくらい危険です。

マーチンゲール法|正しいカジノ攻略法の使いかた
 
買ったのに思ったような動きをしない銘柄のナンピン買いなんてやるくらいだったら
そんな銘柄はさっさと切って、伸びている銘柄を買いましする方がいい。


それでもまだ強気相場ならこういう方法も不可能ではないです。
株価の伸び率が良いし、下がる株もそんなに下がらない。
だから気楽にトレードしてもトータルで勝つことは難しくない。
ナンピン買いをしても死ににくい。


しかし、下落相場はそうはいかない

下落相場では8割の銘柄は下がる。なにより下がった時に思いっきり下がる。
ナンピンを前提としたトレードなんかやってたら確実に死にます。
そういうトレード法を自慢している人はあなたを破滅に導く悪魔です。絶対に耳を貸してはいけません。



さて先ほど私は強気相場での勝率が6~7割と言いました。
今回はたまたま良い成績でしたが、私は強気相場なら勝率は3~4割でも儲かると思っています。
では下落相場での勝率はどうなるでしょうか。何割勝てばいいと思いますか?


正確にはわかりませんが、体感的には8割~9割の勝率でないとおそらくお金が減るような気がします。

ただでさえ8割の銘柄が下がる中でそのなかから9割勝たなければいけない。
難しいと思いませんか?私には少なくとも無理です。 
そして負ければ先ほど行ったとおり一発で資産の大半をやられたりします。


というか、やられました(つд⊂)エーン



「下落相場こそ絶対に勝てると思った株だけに絞ってそれ以外は様子見」
これを絶対に守らなければいけないと思っています。





なので、最後に下落相場での立ち回りとしては

①下落相場では無理に買わずに現金を大目に。
②買わない代わりに「下落相場でそれほど下がらなかった株」をチェックしておく。
こういう銘柄は上げ相場に切り替わった瞬間に思い切り上がります。なので焦る必要はありません。
そういう銘柄をチェックしておきましょう。
③もし大化け株がみつかったなら、下落相場の時に余力に余裕を持たせながら仕込む。


しかないと思います。



上級者は下落相場でもピンポイントに材料株に飛び乗りながら勝ちを積み重ねています。
他にも空売りやオプションを駆使したヘッジを使いこなして下落相場でも利益を上げます。
しかしそんなものはまず基本ができてからの話です。
私たちはまず下落相場では亀のように身を守ることを覚えていきたいですね。

【スポンサーリンク】