先物手口とマンガの感想

先物メインですが、マンガ感想の方もよかったらどうぞ

仮想通貨っていまだにこんなレベルでやってる人がいるのか……デマやり放題じゃないですか

これに2~3くらいいいねがついてるだけだったら「ちゃんと勉強しようね」で済む話なんですが、こんなツイートしてる人が2300フォロワーもいてこのツイートが100近いRTと300以上のいいねがついてるというのがほんとにやばい。

要するに、このツイートがバカにされずに「正しい」として受け入れられてる。
このツイートがおかしいと思えない人はいくら何でも投資以前の問題でしょう……。

そりゃまぁ、イケダハヤトのnoteを大量に買う人がたくさん出てくるはずだと思いました。


ほとんどの人はわかってると思いますが、一応説明してくれてるツイートを載せておきますね。

単なる計算だけの話じゃなく「時価総額」が何でできているかを理解してない人は株式市場にもいます。そういう人はサンバイオが時価総額6000億になっても買いまくるし、アンジェス時価総額1000億を超えても買い続けます。アンジェスのやつ限定承認だって言ってるのにあえてそこから目をそらして買い続けるの馬鹿すぎるだろ……。



私が仮想通貨全くといっていいほど触らなかったのは、自分が認知した時点ですでに「靴磨きの少年」ばっかりになってたから。

投資やってない人には上のコメントがどれほどやばいか伝えられないのがもどかしい。時価総額でかんがえずに単価で考えてるのは本気でやばいんだよ。特に株と違ってEPSとかPERという指標もない中、唯一の指標といっても良い時価総額を考慮してないのは本当にやばい。あまりにやばすぎて、私も言語が退行して「やばい」しか言えないレベルでやばい。

http://possession.hatenadiary.com/entry/2017/12/31/100000

1+1=10だと本気で思い込んでる人が投資をやってる。しかも大量に。
というか、バブルの時にそれを信じるのはいいけど、もうバブルが崩壊してから1年経ったのに、いまだにそのレベルとかあり得ないでしょ……。
そういう人間が、さらにバカをはめ込むためにアフィサイトやってるってどんな地獄だよ。


投資初心者が本当にやりがちなミス=「時価総額」を知らないで「単価」だけで考えること。これわかってないと防御力/ZEROです

時価総額150億がいきなり300億に……。なるほど、いかに市場参加者が「時価総額」という思考がない人達かよくわかる。とにかくみんな買ってたらその波に乗るって感じなんだな。すごい世界だわ。
単価が低いとはいえ、時価総額300億のコインを草コインとよぶこの感覚。やっぱり絶対に〇〇〇さん単価しか見てないぞ。時価総額ランキングは見てるらしいけど、その時価総額が何を意味しているのかを思考するプロトコルが出来てない。

「単価が低いからあげる」「希少だからあがる」「将来性有るからあがる」。 こういう考え方、ほんとだめ。バブルの時に一番カモになるやつだから!もちろんド素人でも、今は完全にバブってて仮想通貨が騰がって助かるかもしれない。むしろ、そういう何も考えてない人のほうが上げ相場に乗りやすいかもしれない。ビギナーズラックだ。

ただ、考え方が間違ってると、防御力はゼロのままだからね。 投資はリスク管理のスポーツだ。リスク意識ほぼゼロの〇〇〇さんはこの先生きのこれるとは思えない。

http://possession.hatenadiary.com/entry/2017/12/31/183409

正直、時価総額の概念わかってるだけでも少なくとも詐欺にたいする耐性はつきます。
当時の仮想通貨アフィブログって、能力がなくて自分が詐欺をやってる自覚がないだけで実際にやってる行為は詐欺以外の何物でもないやつがゴロゴロいたのですごいタチ悪かったですよね。アフィの場合「不法領得の意思」が認められないだろうけど、ほんとにあの当時仮想通貨アフィやってたやつ恥を知る人間のつもりがあるなら1年間くらいアフィ一切自重してほしい。そうじゃないなら畜生道に堕ちた餓鬼でしかないしほんとに死んでほしい。

詐欺罪の故意は、簡単にいうと人から財産をだまし取っていることを知っていることです。認識の程度としては、詐欺であることを確信まではしていなくても、もしかしたら詐欺かもしれないという程度でも故意があったとされます。つまり、絶対に詐欺だという確信がなくても、もしかすると自分は詐欺行為を行っていたりその一端を担っていたりするかもしれないという程度の認識があれば、詐欺罪の故意ありとされるのです。

https://xn--3kqa53a19httlcpjoi5f.com/z-sagi2/

2017年12月末時点にモナコインが30000円になるという発言を「時価総額」という観点で考えるとこうなる

https://web.archive.org/web/20180202144341/https://anond.hatelabo.jp/20171230140130
https://web.archive.org/web/20180329011525/https://anond.hatelabo.jp/20180115124105

ニコニコがやってること全部置き換えられたとしてようやく今の時価総額が正当化されるレベルだ

この時価総額をどう正当化するかについてみんな頭を悩ませているというのに〇〇〇さんはに単価だけみて「価格はあと10倍になるはず」とか無邪気なことを言ってる。

〇〇〇さんが言うとおり10倍になるなら、モナコインは時価総額が6000億になるわけだが。はたしてモナコインのようなローカルのただのオルタナ通貨が6000億になるだろうか。

時価総額6000億の通貨ってことは最低でも1兆クラスの経済圏が出来上がるってことになるってことだ(これでも少ない)。オタク市場の何割がモナコインに置き換えられればこんな数字が可能になるんでしょう。将来的にみても、それだけの市場規模になる、それだけのニーズが生まれるという仮説がないのに、単価だけみて「10000になったほうが便利だから10000円まであげる」って自分都合なんて安易に考えている。これはもう、残念ながら、ものすごく投資センスがないというか、基礎教養が全然足りてない。自分が何を言ってるのかさっぱり分かってない。夢だけで株価が上がり続けると思ってる。そりゃね、夢がアレば、株価が青天井に騰がることはあるんだよ。でもね、(´∀`∩)↑age↑つづけたことは一度もないんだよ。

ブロガーとしては〇〇〇さんの「自分の都合の良いところしかみない」というのは美点だ。都合の悪いところはアーハーキコエナイして耳をふさぐのは防御力になる。でも、投資でその態度はただの欠点でしか無い。 都合の良いことばかりみていたら、すぐに死ぬ。

投資初心者は、暴落のときどうやって死んでいくのか

〇〇〇さんは「なぜビットコインは暴落を繰り返すのか」という記事を書いてるけど、上げトレンドが継続してる間は、いくら値下がりしても暴落とは言わないんだよ。そんなん、チャートを観たこと有る人間だったらみんな知ってるはずだ。

今まで暴落を繰り返しつつもなぜ上げ続けていたかというと、「上げトレンドが途切れなかったから」としか言いようがない。上げトレンド継続中だったから、まだモメンタムが上向きに継続していてリバウンド狙いの買いが常に入っていた。なにせ、急激に上げたから、多くの人がプラス状態。そうそう簡単に崩れるものではない。また、日本で法制化が進んだりETF開始など「これから機関投資家の買いが入ってくる」などの上げ材料もあった。こういうのは新興株市場でもよくあることだ。半年以上続いたそーせい祭りの経験者や、今年のライザップ祭り、ペッパーや串かつ田中でも同様の祭りは起こっている。強烈な上げ波は、売り方を巻き込んで途方もなく高いところまで舞い上がる。ドットコムバブルもそうだったしね。

それでもいつか上げトレンドは終わって、下げトレンドに入る。多くの人がプラスになっていて強気だった上げトレンドが終わり、だんだんみんなの懐が苦しくなり、モメンタムが弱くなり、我先にと売り始めるのが下げトレンドだ。この下げトレンドを、素人は認識できない。 このトレンドを認識するために様々なテクニカル指標があるのだが、きっと〇〇〇さんは移動平均線すら知らないだろう。本当の暴落は、大きく値下がりして価格支持線を下抜けた時。特に25日線。これがやばい。素人は、下げトレンドに入って上級者が手仕舞いを始めた時に「やった、安くなった」と買いに行って死ぬ。


そういう意味で、ビットコインは、はじめて暴落準備期間に入った。今までは下がってもすぐに盛り返して天井を取り返していたが、ついに何度やっても天井を破れなくなりそれどころか徐々に上値を切り下げ、下値も徐々に更新するようになってきた。ところが、素人はこういう動きが理解できないから「今までだって下がったけど盛り返して高値更新していた。今回もそうなるはずだ。今は安くなってるから買いチャンスだ」と思う。上げトレンドに復帰するのを耐えることが出来ない。特に仮想通貨は値動きが早いからね。 待ってたら置いていかれるという恐怖も強いだろう

断言するけど2018年は仮想通貨は地獄になる。大量の破産者がでると思うよ。馬鹿は死んでも治らないから死ぬしかない。

まさか、本当に死んでも治らないとは思ってなかった。今2019年2月ダゾ。
2018年2月ならともかく、いまだにこのレベルで仮想通貨取引やってんの?

さすがにもうギャグにもならないよ。気持ち悪い。

まだイケダハヤトのほうが賢いよ。

【スポンサーリンク】