読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

安い株には安い株なりの不人気の理由があるその1

ひまつぶし

http://sideb.hatenablog.com/entry/value_kabu_meigara_shikiho
言うまでもないですが、ここに載ってるのは「現時点で外国人の保有率が高いもの」=過去に人気だったもの、です。

去年はアベノミクスの成長に乗って外国人や外国資本がいろんな銘柄を買ってくれていました。
ですが、今は外国人は円は買ってくれるものの株はリスクオフしている段階です。
外国人保有比率が高いものは今は買わないほうがいいと思うから私は買わない。

こういう銘柄をしれっとおすすめするのもどうかと思うし、そういう記事がホッテントリになるのほんとによろしくないと思う。


とりあえずどれもたいして興味が無いので1銘柄あたり5分程度でどこまで分析できるか練習しよう。
こういう株は、個人によって買い上げられることはありません。大手の機関がその気になるかどうか次第ですね。


暇がある日に1日5~7銘柄ずつ分析していきますが多分この中からお宝銘柄は見つからないと思いますのであしからず。


①日本リーテック PER7.4倍 PBR0.58倍 時価総額220億

総合電気設備工事。09年4月千歳電工と保安工業が合併、JR東日本依存大。電力向け等も展開。
【回 復】受注見込み520億円(前期488億円)。繰り越し工事豊富な一般電気設備が順調。鉄道電気設備は駅修繕増えて上向き。送電線も電力向け更新需要取り込む。営業益反発。土地売却特益ない。増配。17年3月期は鉄道電気、一般電気とも着実増

事業としてはオリンピック需要が期待される。業績は去年より向上しており確かに良いが下期偏重すぎて買いにくい。<外国> 9.8%<浮動株> 22.1% <投信> 0.0%<特定株> 56.3% 

会社自体は悪く無い。ただ流動性極めて乏しく、しかも1単位1000。
個人が買うことをそもそも想定していないと思われる。 お金持ちが長期投資で買ってください。



②東洋精糖 PER12.85倍 PBR0.83倍 時価総額64億

丸紅系。製糖業界中堅。業務用主体。塩水港精糖、フジ日本精糖と共同生産。機能素材を強化
【続 落】砂糖の販売量は前期並みも、ガス代落ち着き採算改善。が、機能性素材は原料高に伴う値上げ浸透が遅延。不動産事業撤退もあり営業益続落。会社計画やや慎重。賃貸物件売却による特損消える。17年3月期は砂糖伸び悩むが、機能性素材上向き。

もうこの時点で買いたくない。<外国> 3.6%<浮動株> 30.0% <投信> 1.5%<特定株> 58.0%

業績も去年よりやや低く、チャートを見ても横ばい。買う理由が全く見当たらない。



③コシダカホールディングス 時価総額455億、PER16.84倍 PBR3.0倍

【特色】『カラオケ本舗まねきねこ』を直営展開。FC方式の女性フィットネス『カーブス』が柱に育つ
【着実増】国内カラオケ新店40超だが、出店費用増で足取り鈍い。ただ、省エネ施策実り温浴黒字化。稼ぎ頭のフィットネス100店舗増で利益牽引。営業増益続く。新店効果に期待大きい会社計画は楽観的。
【首都圏】16年8月期は1都3県で『まねきねこ』30出店。伸び幅ない地方から都心に軸足。販促策として高校生団体のカラオケ室料無料化。将来の顧客確保に種まき。

この銘柄は去年買ってた。個人向けのサービスを行ってるため認知度も有りそこそこ個人にも人気があった。
今年は業績が去年より鈍っているため成長期的にマイナス。<外国> 20.5%<浮動株> 7.4% <投信> 2.8%<特定株> 70.9%

浮動株の少なさは魅力的だが、これは去年外国人が買い占めていたから。
高値をつけてから下落トレンド中だし、むしろこれから外国人が売ってくるターンであり絶対に買ってはいけない


④平安レイサービス(株) 時価総額110億、PER7.6倍 PER0.59倍

【特色】神奈川県首位級の冠婚葬祭サービス大手。小邸宅型貸し切り葬祭ホール育成。葬祭が主力事業
【横ばい圏】柱の葬儀は前期開業2斎場が通期寄与。施行件数増で単価ジリ安しのぐ。ただ新斎場2の開業が終盤までずれ込み費用先行。営業益停滞感。17年3月期は葬儀が新斎場効果。内製化進む。利益順調増。
【新斎場】16年夏開業メドに寒川町に準母店級建設へ。期中開業分は同2~3月にかけ小規模店を大磯町、中井町に。17年中に鵠沼グループホームなど介護施設新設。

業績的には投資負担がある中でも、わずかに増収増益。来年は期待できる。<外国> 14.3%<浮動株> 7.5% <投信> 2.0%<特定株> 69.8%

ここはそんなに悪く無い。ちょっとだけまじめに株主構成見た。暴落があって外国の人がいなくなったら買ってもいいとは思う。

⑤ゲンダイエージェンシー  時価総額97億。PER14.81倍 PBR1.78倍

【特色】パチンコ店向け広告会社。チラシ、DM、装飾用ポスター等企画制作。買収で通販関連広告に進出
【低 調】パチンコホールを取り巻く環境悪く、主力の折り込み広告、販促関連が想定上回る厳しさ。印刷仲介、デザイン業務受託強化でも追いつかず。前号比、営業減益幅拡大。17年3月期も主力が落ち込み利益後退。
【開 拓】ネット媒体や屋外利用、通販関連を照準に、未取引だった大手など新規顧客開拓に注力。印刷仲介も人員増でカサ上げへ。デザインは子会社に集約、外注拡大。

完全に落ち目な気がする。今年も減収減益。新規開拓が出来ないと厳しいのではないかしら。<外国> 13.4%<浮動株> 20.1% <投信> 0.1%<特定株> 56.7%

株主構成の中身もファンドばかり。とても素人が手を出して生き残れるような銘柄ではない。配当利回りの良さに釣られないように注意。

⑥ベストブライダル(現ツカダグローバル) 404億 PER8.53倍 PBR1.21倍

【特色】欧米風邸宅での挙式・披露宴を行う婚礼が主力。ハワイ等でも展開。ホテル東京ベイを運営受託
【回 復】ホテルは訪日客増もあり好調。14年秋買収の美容サロンも貢献。だが主力の国内婚礼が低調、会社計画は未達。16年12月期も既存式場は苦戦。ただ大型の名古屋ささしまが通期寄与。ホテルも好調維持。償却増でも開業費用は減。営業益回復。
【ホテル婚礼】高稼働続くホテルは品川にチャペル新設など婚礼取り込みにも注力。16年春に大宮のスパ複合施設が開業予定。

業績は増収減益。<外国> 19.1%<浮動株> 3.5% <投信> 5.1%<特定株> 85.4%

特定株のところが胡散臭すぎて無理。ブライダル業界自体買うならまだエスクリ買ったほうがマシ。


まんだらけ 時価総額50億 PER6.39倍 PBR0.8倍

【特色】マンガ専門古書店の最大手。アニメ原画・玩具販売も。独自の値付け・鑑定で市場影響力大
【単独事業本17、TOY42、同人誌16、その他25
【小幅改善】名古屋、大阪店など出足低調。ただ、中野などが前期第4四半期からの回復傾向持続。前期稼働の千葉・佐原物流拠点も通期貢献しネット通販伸長。業務効率改善も徐々に進み、営業益小幅改善。
【イベント】専用施設を持つ名古屋の定例に加え、中野などでもイベントを随時開催、新規顧客層の開拓強化。新店は大都市圏を中心にターミナル駅周辺への進出模索。

売上比率面白いのでここだけ紹介。実は本や同人誌よりTOYの売上の方が大きい。また「その他」の部分が強み
去年は大いに期待され、株価も上げたけれど通期計画を大幅未達で失速。今年はその未達だった計画よりも低い通期計画。
業績については月次報告があるのでそれを元に考慮したほうが良い。私は見ない。<外国> 2.9%<浮動株> 19.1% <投信> 0.0%<特定株> 63.5%

株主構成は悪く無い。時価総額も安い、指標的にも割安。知名度の高さなど株式としてはいいところある。
そのためか、何度も何度も人気になって時々ストップ高なんかしちゃうけどやっぱりダメ、という残念な銘柄
「ぼくは君たちに武器を配ろうと思う」の著者のところのゼミ生が買い判断したのも今は昔という感じかしら。
私もこの業界はうまくいってるもんかと思ってたのでこの低調ぶりは意外。結局Amazonブックオフの方が強いのか……?オタクもっと頑張れ。

【スポンサーリンク】