ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

4月の成績はプラス80万円でした。

エクセル・タカラトミー・ULS・エヌエフ回路を筆頭に主力が全滅。
サンセイランディック・山一・ヘリオステクノ・BS11もだらだら下げていいところなしです。

二日間で20万近く溶けました。

まだ下げそうなので一旦全部利確。GWは何も考えずに休みます。



ホント、なんでセルインメイになるのかわかるわ。
来年度からは、たとえ相場が崩れなかったとしても、4月後半になったら
ポジション整理することにしようと思いました。



おそらく、3週までは、私のような少額で投資している人間には
「今後この4月ほど簡単な月はなかった」と思えるようなイージーな月だったはず。

そして、その分反動はでかい。5月は厳しい物になりそう。6月も、7月も、現状が上げすぎと言われていっきに崩れるリスクと闘っていかなければいけない。
無邪気に上値を追い続けられた時期はもう終わってしまうのだと思う。

今までずっと調整を拒否してきた代償ですね。


だから、5月は稼げなくてもいい。ただ生き残ることだけ考えたい。
どうせ稼ごうと思っても勝てない。

なら、もうほんとにちまちまこそこそとでいいから勝てるところだけ勝負。




なんだかんだいって、エクセルとタカラトミーと山一は決算で勝負するつもり。

ULSは決算またぎ微妙かな…。1600くらいだったら勝負してもいいんだけど。

【スポンサーリンク】