なろうマンガ・B級マンガなどの感想

軽い気持ちで読めるなろうマンガやB級マンガの感想。まともな漫画については別ブログにて

Landreaall30 DXくん、ようやくメイアンディアの気持ちに気づくwwwwwwwwwww

王様や王妃様ってのはね、職業の一種だよ? それは「あきらめる」理由になんかならないよ

これは恋が上手くいくという話じゃない。その逆で絶対に無理なのだから好きなようにやんなさいってこと。

こればっかりはどうにもでいない。たとえDXだって。
でも、それなら…
僕も、DXも、やりたいようにやっていいんじゃないか?
だって、結果はわかってるんだもの。

こんな時こそ、それでも何をしたかが大事なんじゃないかって。
貴重な機会なんだよ。
僕だって、無責任に友達を励ましてみたい!

結果がわかりきっていることは、必ずしもあきらめる理由じゃない。まさに騎士の恋だ!

色々と醜態をさらすDXくん。


みんなにぼこぼこにされながら、今度こそ本気でチャレンジ!


もちろん拒絶されるが、でもお互いに気持ちは伝わった。

「私、あなたとは対等でいたいの。あなたとだけは」

気持は明確にしつつ、言わないという恋の形。 お互いがお互いを思って恋をあきらめるの、切ないなあ

この次のオズモ議長と傷心のDXとのやり取りが最高



すべてに決着をつけて、いよいよ戴冠式と婚姻の儀


ここでランドリオールという新しい年が宣言される。


メイアンディアも、「騎士」の忠義に答える王妃としてふるまうことに。




しかしほんと、「騎士の物語」なんだよねこれは。

何度も取り上げてきたように「男女差別」と言われればそうで、実際ユージェニーやイオンのような人間が苦しんでいるわけだけれど。



でも、必死の努力に対して承認を与える存在としての姫って大変だけれどそれはそれで価値がある役割だとは思う。

こういうあり方も否定せず一つの形として認められればいいのにね。

【スポンサーリンク】