なろうマンガ・B級マンガなどの感想

軽い気持ちで読めるなろうマンガやB級マンガの感想。まともな漫画については別ブログにて

ボツ記事

とある記事の蛇足部分が本当に蛇足すぎたからボツにしました

蛇足すぎる話 何かを批判するときに「リアリティ」って言葉を使うな。頭が悪く見えるゾ

というかね。

物語の感想で「リアリティがない」って感じで作品をくさそうとする人ってそもそもリアリティとは何かということに対して真剣に考えてないんじゃないかな。9割以上の確率で「それはただのあなたにとってのリアリティですよね?」ということがわかってないという偏見があります。

「リアリティがない」という批判をしている人が面白かったことがほとんどないです。「自分の体験や経験と違うからダメだと言ってるだけ」とか「自分のつたない知識だと理解できないからリアリティがないと言ってるだけ」「作劇上露骨に虚構とわかる描写になってるのにその部分をリアルとして描写してると勘違いしてるだけ」とかいろいろありますが、いずれにしても「それお前が気に入らなかったということをうまく説明できないからリアリティってマジックワードでごまかしてるだけだろ。」ってケースばかり目に入ります。


あくまで個人的な感性の話で同意は一切求めてませんが。

私はエロ本とかエロゲの感想で「リアリティがどうこう」だの「自分の追体験が」だの抜かす奴がクッソ嫌いです。いや、もちろんそういうものがあったほうが楽しめるという人を否定するつもりはないです。私も実体験に基づいた描写があったほうが胸が熱くなるというのは私もたくさん経験がある。自分の物語体験を「プラス方向」にセルフ補正する際には大いに価値があると思ってます。


でもその逆はほんと意味が分からない。「楽しむためにエンタメコンテンツを見たり読んだりしてるはずなのに、わざわざ自分の体験にデバフをかける」行為の合理性が全く分からない。必ずしも合理的である必要はないにしても、自分が今不合理なことをしているという自覚もないのは単純に頭悪いでしょ。

「リアリティがないからダメ」とか「自分の体験がこうだったからこう描写しないとダメだ」とか抜かす奴はもう口をガムテープでぐるぐる巻きにして体も簀巻きにした上で荒川に放り込みたい。そんなものが大事ならエロ本とかエロゲとか最初から手を出すんじゃねえよ。表象がどうとか二次元のスカートのしわとかほんまあほくさいなと思う。*1

なんで二次元に三次元を投影しないといけないわけ?なんで二次元の趣味が三次元に影響を与えると思うわけ?いわれるまでもなく二次元と三次元って完全に別物でしょ。なんでそこを結び付けようとするの?お前ら二次元コンテンツを全く摂取したことないの?アイドルに対してはガチ恋しちゃうやつなの?

フェミニストのものいいもおかしいけどオタク側でも物言いがおかしい人いる。「二次元で発散しなきゃ三次元で犯罪を犯すかもしれないじゃないか」とか言ってるやつもおかしいと思う。二次元に対する欲望と三次元に対する欲望って完全に別じゃないの。そりゃ性欲ゲージは共通だからオナること自体は効果があると思うけれど三次元で性犯罪犯すような人は二次元でいくらヌイても欲望自体は発散できないでしょ。それを二次元のせいにするのもどうかと思うし、逆に二次元のオカズが三次元の犯罪を抑制するみたいな理論も馬鹿げてると思う。

*1:ちなみに私があほくさいと思ってるだけで その議論に社会的意義があることは認めてます。実際広告のポスターなどでこれを無視してはいけないと思っているので今まで何度かそれについて語ってます。ただ本心としては心底あほくさいと思ってます

【スポンサーリンク】