なろうマンガ・B級マンガなどの感想

軽い気持ちで読めるなろうマンガやB級マンガの感想。まともな漫画については別ブログにて

被害者であることによって、自分が加害者である危険性から免れることはないよ

https://www.tyoshiki.com/entry/2019/07/28/234214

に関して、けもフレ2部分が引っかかって文章が頭に入らないという苦情が多かったのでこちらに移動しました。削除した部分は以下の通りです。

いまだに不正確な情報や微妙な憶測で制作陣を攻撃し続けたり人たちがいて無法地帯と化しているけもフレ2界隈と同じかそれ以上に気持ち悪いです。

けもフレ2での制作陣たたきについても、最初こそある程度ちゃんとした検証のような感じでしたが途中からは「たつきのため」という大義名分で実際は好き勝手騒ぐだけになってしまい、まったく検証なくいろんな流言飛語が飛び交い、とりあえず叩ければなんでもいいという雰囲気になっていきました。「そんなことをしてたつき監督が喜ぶわけないだろう。完全に娯楽としてやってるなこの人たち」という感じですが、今回も当事者の気持ちを置き去りにしながらまるで正義のようにふるまってる人たちが、怪しい情報をぶん回し始めていて、あの時と同じような怪しい空気が漂っています。

とくにけもフレ2の時は規模が小さくニコニコ限定の小規模なお祭りだったため大きな問題にはなっていませんでした。京アニ襲撃事件は社会的な関心が非常に高い問題であり、ニコニコアニオタだけじゃなく、政治クラスタなどを巻き込んだ大きな問題になっています。そんな大きな問題で、けもフレ2騒ぎのような低い民度というのはかなり嫌な感じです。

「違う」というのは結構なんですがその理由が

・「東テレやAGNは本当に悪者だっただろ。反社まで絡んでるかもしれないんだぞ」とか
・「細谷や岩なんとかが煽ったりしなければこんなに炎上しなかった」

という話をする人がいました。


この人たちが言いたいことは気持ちはよくわかります。



でもね、問題はそこじゃないねん。
いや、むしろそういう返しをする人がいることが最大の問題というか。

相手が悪者だと思ったら批判や手続きが雑になったり無法状態を許すことが問題なんだってば

あのね。
「○○は悪者なんだから」とか「○○が悪いから」という理由で
・自分を正義だとか被害者だと勘違いしてしまうこと
・自分たちが何をやってもいいと思って、デマや真偽不正確な情報であっても「○○たたきだったらなんでもOK」になってること

なんかを問題だといってるんですよ。


相手がどういう人間であれやることは一緒で
「正確な情報に基づいて批判する」
「犯罪行為だったなら警察に訴えたり株主総会で質問する」
「直接的な暴力や私刑に走るなら自分が犯罪者になる覚悟をする」
といった形です。


相手が悪者であろうがなかろうがそれはかわらない。むしろ悪者だと思ったら、より一層警戒してこちらの弱みを作らないためにより慎重に正確を意識して批判すべきだと思うよ。

なぜなら、自分の意見が雑だったり不正確でもこちらのいうことを聞いてくれるのはむしろいい人であって、みんなが批判してる悪者相手だと雑や不正確な批判をしたらむしろ養分になっちゃうからだよ。


相手がひどい人間だとしても、批判をする側はきちんとやらないとだめだよ。



被害者意識ってのは厄介だよね。私もそれで冷静になれないときが多いからわかる

今回も、「愛する京アニを奪われた被害者」って認識の人が多いと思う。


でもね。


でも、私は被害者だったら何やってもいいと思うなよって考え方なんですよ。

○○が問題なんだったら、なおさら正確に批判しないと何も変わらないのに。。なぜかそこで「俺は被害者だから何をやってもいい」になる人は、程度こそ違えど今回の被害妄想で京アニを襲撃した人と根っこの部分では変わらないと私は思ってます。
私たちは、絶対にあの卑劣な襲撃犯と同じになったらいかんはずなのに。

被害者であることを何かの権力の源だと思ってる人が私は嫌いです。

なんであのツイートをRTするのがダメかというと「被害者の遺族である」ということに権力を与えようとするからです。
さらにいうと、権力を分捕ろうとしてるからです。
被害者であることは権力があるという認識があるからみんなあのツイートに群がったわけでしょ。最低だと思うよ。

www.tyoshiki.com

www.tyoshiki.com

そういう考えだと「かわいそうランキング」の争いになるから私は絶対にこれに参加したくない。同情すべき余地はあるし親しい人に助けてもらえばいいとは思うけどそこが限界です。社会に対して自分にだけ治外法権を主張するべきではない。

まぁ「被害者であること」に過剰に権力を持たせようとしたり、自分のお気持ちだけを過大評価する人たち今たくさんいるけどね。
ネットフェミニストとかリベラルとか反差別とか。 そういう人たちは一番フェミニズムやリベラルを馬鹿にしてると思うから好きになれない。



余談 :ネット上でしぶとく生き残ってる人を倒そうと思ったら相手を馬鹿にするんじゃなくて、したたかで手ごわい相手だってちゃんと認識して戦わないとだめだよ

したたかな人とか性格が悪い人を相手にするときは、一つでもこちらに間違いがあれば、たとえ99%相手が間違っていてもその1%をもって猛烈に反撃されたり話をうやむやにされたりするんだよ。

例えば、ネットでしたたかな人といえばはあちゅうさんだけど。これすごいよね。この1点は間違いなくトイアンナさん側の問題なんだけど、もってほかのすべての批判もすべて的外れなものだっていう印象操作をためらいもなくできてしまう(素でやってると思ってる人はまさかいないよね?本当に素だとしても、そう認識して接して得することは何もないです)

web.archive.org

したたかな人っていうのはここまでやるもんなんですよ。



基本的にそもそもネット民が批判したり憎んでる人たちって基本的に「ずるい人」たちなわけでしょ?うまいことやって儲けたりほかの人の権利を食いつぶしたりしてる人たちでしょ?

そんな人たちは本当に手ごわいよ。はあちゅうさんなんかまだ隙が多いほうだよ。

なのに、悪いものと対峙してるという建前にも拘わらず好き勝手雑な方法で騒ぐだけ。そんなことをしても、ずるい人たちが焼け太りするだけなんだよね。

はあちゅうさんやイケハヤがいまだに生き残ってるのは、アンチの人たちが信者と同じくらい醜いしっとむき出して雑で同じように自己顕示欲むき出しで性格が悪いって思われてるからだよ。こういう人たちの態度が雑だから「どっちもどっち」に持ち込まれちゃうんだよ。 信者とアンチ以外の普通の人たちが、この話題にかかわろうとしなくなっちゃううちに批判が風化しちゃうわけ。そうやって相手が悪者だとか、自分は被害者だって意識で雑なやり方を許すからネットの言論はだいたい無駄って言われちゃうわけ。


そうならないように、悪い奴だと思えば思うほど、侮らずにしっかり戦おう。
批判してる自分自身も、どういう人間かを周りからしっかり見られてるって意識を持とう。


その認識が全くなくて失敗したのがリベラルでありネットフェミニズムだと私は思う。(最近はいい仕事してる人もいるのにもうその前がひどすぎて誰も信用してくれなくなってる)

みんなはこういう失敗からまなんで丁寧な批判を心掛けたいですよね

【スポンサーリンク】