なろうマンガ・B級マンガなどの感想

軽い気持ちで読めるなろうマンガやB級マンガの感想。まともな漫画については別ブログにて

「けものフレンズ2地獄説」のその後は? 煉獄(浄罪)=7つの大罪編

煉獄は、地獄を抜けた先の地表に聳える台形の山で、ちょうどエルサレムの対蹠点にある。「浄火」あるいは「浄罪」とも言う。永遠に罰を受けつづける救いようのない地獄の住人と異なり、煉獄においては、悔悟に達した者、悔悛の余地のある死者がここで罪を贖う。

煉獄山の構造は、下から昇るごとに幾つかの段階に分かれている。亡者は煉獄山の各階梯で生前になした罪を浄めつつ上へ上へと登り、浄め終えるとやがては天国に到達するのである。


地獄を抜け出したダンテとウェルギリウスは、煉獄山の麓で小カトーと対面する。
ペテロの門の前でダンテは天使の剣によって額に印である七つの P を刻まれた。P は煉獄山の七冠で浄められるべき「七つの大罪」、Peccati を象徴する印である。そして、ウェルギリウスに導かれて山を登り、生前の罪を贖っている死者と語り合う。ダンテは煉獄山を登るごとに浄められ、額から P の字が一つずつ消えていく。

山頂でダンテは永遠の淑女ベアトリーチェと出会う。ウェルギリウスキリスト教以前に生れた異端者であるため天国の案内者にはなれない。そこでダンテはウェルギリウスと別れ、ベアトリーチェに導かれて天国へと昇天する。

煉獄山の構造

煉獄前域 - 煉獄山の麓。小カトがここに運ばれる死者を見張る。

島の波打ち際には風にさからわずにこうべをたれるイグサだけが生えている。
そのイグサをもって汚れた顔を目を洗い清めたら上を目指していくがよい。

・旧友 カゼラと再会して時間つぶししてたら怒られる

お前は理屈で考えず見て知ることが重要なのだ。
人が理詰めでいけるみちには限りがある。
あるがままに景色を見るごとく、自然に見ていくことだ。

ダンテよ。苦しいか。
私たちには翼がないのだから、こうして一歩一歩登っていくしかない。
見ろ、ダンテ。この切り立つ丘からの眺めを。
本来羽のある鳥出なければ建てないような場所に今我々は立っている。
飛ぶ能力を持つ鳥のように我々も飛んだのだ。
それが一歩一歩の努力の結果であろうとも、
能あるものと同じ結果を得ることができるのだ。

煉獄の山は、本来は翼ある鶏でなければ越えられぬような高き山々を登り続ける道だ。

だが、なにもかも忘れ山のぼりに夢中になれば
ふと気が付いたときには翼ある鳥がいける頂上に我々も至れる。
時間さえ気にしなければ飛んだのとなじことなのだ。

とはいえ、煉獄の山は、最初はきつく、先に行けば楽になる。

煉獄は、生きている人たちが自分を思って祈りをささげてくれなければひたすら待たされる。登り始めることすらできない

地獄はおかした罪の罰を受けるとこだが、
煉獄は自ら罪を清める場だ。
自分の罪に気づき、悔いたものが、自ら罪をきよめて道を探る旅が煉獄の旅だ。
ただ待っていたのではいけない。努力して清めの道を探すことだ


第一の台地 破門者 - 教会から破門された者は、臨終において悔い改めても、煉獄山の最外部から贖罪の道に就く。

第二の台地 遅悔者 - 信仰を怠って生前の悔悟が遅く、臨終に際してようやく悔悟に達した者はここから登る。

煉獄前夜

世の乱れを救うべく奮闘した統治者たちが数多くいた。

皇帝ルドルフや、ボヘミア王オットー・カール
シシリーのフェデリコ、アルゴンのカルロス王など



聖者ルチアの導きでペテロの門に至る。ダンテは取りに運ばれる夢を見る。


ペテロの門 - 煉獄山の入口。それぞれに色の異なる三段の階段を上り、金と銀の鍵をもって扉を押し開く。

f:id:tyoshiki:20190526204603j:plainf:id:tyoshiki:20190526204612j:plain

ここで天使から7つの大罪を額に刻まれる。

よいな。決して振り向くな。一度決意した浄罪の道。まよってはならぬ

第一冠 高慢者 - 生前、高慢の性を持った者が重い石を背負い、腰を折り曲げる。ダンテ自身はここに来ることになるだろうと述べている。

f:id:tyoshiki:20190526204852j:plain

高慢の罪を犯した13の人物が彫像になっている。それとアラクラーネ像。
ラクラーネは最初から蜘蛛だったわけじゃなく、機織りの技術でアテナ女神に挑んだことが原因。

第二冠 嫉妬者 - 嫉妬に身を焦がした者が、瞼を縫い止められ、盲人のごとくなる。

f:id:tyoshiki:20190526205140j:plain

第三冠 憤怒者 - 憤怒を悔悟した者が、朦朦たる煙の中で祈りを発する。

・ロンバルトのマルコに出会う。

ああ、兄弟よ。
浮世は目に見えぬ煙でいっぱいなのだ。世界は盲目同然なのだよ。
そして、君はそこから来たのだ。君たちは目を見開いていながら見ていない。
君のように生きている者たちは、一切の原因を天にあると考える。
万物がすべてその影響で動くと思っている!だがそれは違うのだ

もしそうだとすると、諸君に判断の自由がなくなるのではないかね?
天は世界の運動の初動を与えるが、すべての運動に関与することはない。
しかし人間には、善悪の判断の理性の光が与えられているのだ。
自由意志は、本能と戦いながら一は苦闘したとしても、
やがて鍛えられ、あらゆる障害に打ち勝つはずだ。そうでなければ人が世に生まれる意味がない。
それゆえ、もし今日の世界が道を誤っているのなら、
その原因は点ではなく諸君にあり、諸君の中から探さねばならない。
乱れは、諸君の中にある!

罪の文字が消えるごとに自信のよりどころのようなものも消えていく。
いろいろな愛がある。

目的があるものもないものも自分への愛他人のアイ神への愛だが愛というものは人間の好みの感情に似たものだそれゆえ人は好きな方好きな方へと流れて行く罪もまたそうしたあいや好みによって生じることがある愛というものはそうした感情の流れ魂の引き寄せられ方の問題のなのだ故にそうした感情のすべては愛といいぜんと言い切ることは謝りのもと花などそれは愛ではなく罪かも知れ主前ではなくて開くかもしれぬ

では私の罪の文字が消えるために私が感じる頼りなさとは 私が愛と考えていたものが愛ではなく罪であり前と信じていたことが開くであった可能性があるということだろうかであるならば私は私の人生とは一体



第四冠 怠惰者 - 怠惰に日々を過ごした者が、ひたすらこの冠を走り回り、煉獄山を周回する。

罪というものは内面的なものでありそれだけに清めるのが難しくダンテの疑問も自ずと内省的にならざるを得ないまた生じてくる疑問もここではより本質的なものが多くなってくる

第4の道で清めるものは大大大養うべきは自ら勤めて上を求める心だ ここではお前も走るの大大大の心を走って上を目指すことによって清めるのだ



第五冠 貪欲者 - 生前欲深かった者が、五体を地に伏して嘆き悲しみ、欲望を消滅させる。

DAIGO の道では地上の映画や物にうつつを抜かした愚かさを今こうやって清めるのだ

なんと第5の 選んでは ローマ法王が裸になって横たわっている だからといってそうして跪いてもらっても困るしの前では誰も皆同じ一人の人間に過ぎない人の心は脆い者だだが得た確かな競技を積んだはずの私でさえこうして誰からも跪かれれば変になる方法と言えば人のチーとしては誰かの極みだ上はなく落ちることは許されの重さこんな窮屈な地位を得るために自分や他人を欺く時には神の教えにまで目をつぶったそして立身出世に奔走してきた自分が急に嫌になった虚しくなった何が大事か見失っていたわけだ私はここです何かおすて思いっきり涙を流してみたいのだすなが嫌と言うほど愚かな涙を吸う頃には私の心も少しは清められるだろうもう先行ってくれ君がいては泣くことができるそれがほぼなると呼ばれていた私の体に染み付いた悲しい性なのだ


野暮というものは際限なく膨らむものだものを持ってはさらに欲しくなる人の欲望には際限がないそれが自分を逆にマジックさせているのだがその最中に気づくことは難しいものだ


第六冠 暴食者 - 暴食に明け暮れた者が、決して口に入らぬ果実を前に食欲を節制する。

第6話誘惑の果実暴食の罪を意味するものです ここでは昔エヴァが蛇にそそのかされて実を取った木がそのものがなっているここにはもう一本その木の枝から移植された気がある食べてはいけない日本の木の実がここの修行なのだとか この日本の機の間はやって走り続けることによって魂を浄化させている美食屋宝飾の罪の浄化だ

ここには食堂楽であったそれでという人間がと出会う 惚れるという人物は死んでから5年しか経っていないにも関わらず妻が自分の身を常に祈ってくれることによってこんな高みまで既に登りきっていると 人は死んでも生きている人との関係は続く君を愛し祈ってくれる人に感謝してジョーカーを願おうと



第七冠 愛欲者 - 不純な色欲に耽った者が互いに走りきたり、抱擁を交わして罪を悔い改める。

最後は生前淫靡な暮らしをしていた人々が清められるものだかえらくというものは特に星の偕楽というものは一度誰かが外れれば泥沼のようなものだ人間本来の目的出会いを忘れ快楽を求めるものはより強い刺激を求め続け心が常に満ちることがない一度そうした道を踏み外したものは坂を転げ落ちるように飽くなき快楽の道をしていくそのまま地獄へ堕ちる者もいるここにいるものはかろうじてその縁で止まったものであると しかしやはり偕楽の力は強いのでその誘惑コアのように体を炎で焦がされなければ追い出せのほど強いのだ愛に潤う心と一瞬の偕楽は似ているようで全く違う天と地ほどに別なものなのだ

ダンテよこの先の記憶世界へ入ろうとするものよそのものは何人も心を日によって清めてはならぬ炎の中で燃え尽きよ良き魂を浴びよ炎ここまで近づいた気をき世界の歌声を求めるのなら


山頂 地上楽園 - 常春の楽園。煉獄で最も天国に近い所で、かつて人間が黄金時代に住んでいた場所という。

火を消して炎に飛び込んだ男性が次に目を覚ました時に彼は地上の楽園にいた 目の前に川があってその川を渡ろうとすると目の前の女性が怖いった一つの川に二つの名前二つの水が同じ流れを作りますあなたの方から割れて私の方からはえおのうえかわわそうして呼ばれますすべてのことをよく流れるれてを浴び開きなさい心豊かにあふれる英語の絵を飲みなさいそして聞くのです


24人のそうすると急に目の前に見える景色が一変する 24人の聖なる人と4 T のせいじゅうまるでヨハネの黙示録の冒頭の部分を思わせるような景色が広がっているそして目の前に3人の清らかな女性が立っている一人はシンク一人は緑そしてもう一人は純白の衣を着ているこれは愛と希望と信じる力を表している


ここでついに今までダンテを導いてきたビルギリウスが姿を消す行くが良いなんて私が案内できるのはここまでだ




天国篇 Paradiso

今までマエストロであるに従って進んできたダンテは煉獄の山の頂上からどうやって点字を買いに登ればいいのかを分からない私はその術を知らない と思って途方に暮れていたらベアトリーチェが降臨しここから私が案内しますと いうことでベアトリーチェの低いた天使に導かれて先へ進むことになる まず最初に出て川に みお 投げ入れその身を清めるそして忘れなさいすべてのこと





至高天を見つめるダンテとベアトリーチェ


地獄の大淵と煉獄山の存在する地球を中心として、同心円状に各遊星が取り巻くプトレマイオスの天動説宇宙観に基づき、ダンテは、天国界の十天を構想した。地球の周りをめぐる太陽天や木星天などの諸遊星天(当時、太陽も遊星の一つとして考えられていた)の上には、十二宮の存する恒星天と、万物を動かす力の根源である原動天があり、さらにその上には神の坐す至高天が存在する。

ダンテは、ベアトリーチェに導かれて諸遊星天から恒星天、原動天と下から順に登っていく。ダンテは、地獄から煉獄山の頂上までの道をウェルギリウスに案内され、天国では、至高天(エンピレオ)に至るまではベアトリーチェの案内を受けるが、エンピレオではクレルヴォーのベルナルドゥスが三人目の案内者となる。天国へ入ったダンテは、各々の階梯でさまざまな聖人と出会い、高邁な神学の議論が展開され、聖人たちの神学試問を経て、天国を上へ上へと登りつめる。至高天において、ダンテは、天上の純白の薔薇を見、この世を動かすものが神の愛であることを知る。

ここから先は言葉で説明しても意味が分からないので本当に漫画とか絵を見てもらうしかないかなと思いますあーこの強い光の中では何も見えないベアトリーチェあなたも光の形でしかない目で見てはいけませんよだんて心で見るのですここは光の世界なんですよあなたも光になるのですどうすれば私は光になれるのでしょう光は神アイスとものです自分自身の心の中を神の愛で満たすのです素直に子供のように神の愛を感じ受け入れるのです

大部屋とりいちあなたの美しい姿が再び見える私の光になったのですか現社の人の目にはあなたも光そのものでしょう

今の私には心の中で発した質問に答えが湧き出るように帰ってくる天上界では言葉は要りません光となったあなたに音声など不要ですそしてここは太陽店知識の天井会なんです対応店の知識と心を合わせるだけで良いのですが宗教上の私の疑問がみるみる溶けていくそうかそうだったのかせんとフランチェスコの昭和がまるで絵巻物を見るように分かる



ダンテは火星10第5の天上界において創作であるかっ着衣だという人物と出会う 教えて下さい曽祖父よ私の生き方は私の戦いは正しい道を進んでいるのでしょうか断定はわが息子よお前の未来はホーローの生活を余儀なくされるであろうしかしくじけてはならない我が道を行くのだ信じた道を歩むが良いそしてダンテお前がこれまで見たことを伝えるのだお前にはわかったはずだ正しく生きることの意味を理解したはずだそのことを神の奏でる歌にしてゆめとくおんの歌にして伝えるのがダンテ


ここまででも 常にやばいのだけれども第7点である女性を通過したらそこから更に光の梯子で上位の天使の住む世界へ登りますまだ上の世界が二つそして一番最後のゴールである神過ごし公転という三つがあるんですね しかしここから先はもはやイメージとして描かれているだけで 何も言葉で説明はされていませんただ無限に降り注ぐ愛の光の中で私のそばでベアトリーチェが微笑んでいたそして私もまたという言葉を使って終わりを告げますというところでも正直展開辺はそこまでの過程をきっちりと理解しきれない状態アリは実際にそういった魂の変遷をしっかりと頭を発しなければ全く理解できない世界なんでしょうということでここはまあいいや





天国界の構造

火焔天 - 地球と月の間にある火の本源。焔が上へ上へと向かうのは、この天へ帰らんとするためと考えられた。
第一天 月天 - 天国の最下層で、生前、神への請願を必ずしも満たしきれなかった者が置かれる。
第二天 水星天 - 徳功を積みはしたものの、現世的な野心や名声の執着を断ち切れなかった者が置かれる。
第三天 金星天 - まだ生命あった頃、激しい愛の情熱に駆られた者が置かれる。
第四天 太陽天 - 聖トマス・アクィナスら智恵深き魂が置かれる。
第五天 火星天 - ダンテの先祖カッチャグイダをはじめとする、キリスト教を護るために戦った戦士たちが置かれる。
第六天 木星天 - 地上にあって大いなる名声を得た正義ある統治者の魂が置かれる。
第七天 土星天 - 信仰ひとすじに生きた清廉な魂が置かれる。
第八天 恒星天 - 七つの遊星の天球を内包し、十二宮が置かれている天。聖ペトロら諸聖人が列する。
第九天 原動天 - 諸天の一切を動かす根源となる天。
第十天 至高天 - エンピレオ。諸天使、諸聖人が「天上の薔薇」に集い、ダンテは永遠なる存在を前にして刹那、見神の域に達する。
神曲』の評価
文学的評価
神曲』は、世界文学を代表する作品として評価は定着しており、西洋において最大級の賛辞を受けている。「世界文学」を語る際にはほぼ筆頭の位置に置かれ、古典文学の最高傑作、ルネサンスの先蹤となる作品とも評されている。特に英語圏では『神曲』の影響は極めて大きく、部分訳を含めれば百数十作にのぼる翻訳が行われ、膨大な数の研究書や批評紹介が発表されている。ダンテ文献を多く蔵するアメリカのコーネル大学図書館では、ダンテ関連の文献だけで4冊の目録が作成されているほどという。日本における『神曲』の受容も、西洋からの翻訳紹介から始まったこともあって、基本的にはこの流れを汲む。

神曲』は、執筆当時から様々な毀誉褒貶を受けていた。ダンテとほぼ同時代に活躍したボッカッチョは、深くダンテに傾倒し、最初の崇拝者となった。彼は『神曲註解』や『ダンテ礼賛』を著してダンテを顕彰し、後には『神曲』の講義も行っている。一方で、ダンテによって地獄に堕とされた人々の子孫や関係者は、当然のごとく快く思っていなかった。また、ダンテの正義、倫理観に反する者は、例え教皇であろうと容赦なく地獄に堕として責め苦に遭わせたため、この点を反教的と批判する者もいた。

神曲』の中には様々な書物からの引用がある。中でも聖書が最も多く、次にアリストテレスウェルギリウスなどの哲学や倫理学、詩が多用されている。また、当時の自然科学における天文学、測量学などの知見を素材として論理的・立体的に構成されていることから、中世における百科全書的書物であるとも評価される。さらに聖書の伝説、ギリシャ神話やローマ神話の神々や怪物も多数登場し、古典文学の流れを引く幻想文学の代表作とも言えよう。実際、その幻想的な内容と豊饒なイメージから、後述するように数々の文学や芸術作品に大きな影響を与えてきた。『神曲』の持つファンタスティックな描写は、現代のSFやファンタジーの源流の一つともみなされている。

【スポンサーリンク】