先物手口とマンガの感想

先物メインですが、マンガ感想の方もよかったらどうぞ

FX始めたばかりの初心者が陥りがちな「負けるまでは気づかない」落とし穴に気を付けて

この話は、その人は勝ってるときにいっても絶対に通じないと思うので、
負けそうになった時に思い出してくれたらいいなぁと思って書きます。

FXは5%の勤勉な勝者が95%の怠惰な負け犬を食い物にする世界です。トータルの収支がプラスの人ですら全FXプレイヤーの10%ちょっとしかいない。そういう世界。それがどういうことかを真剣に考えてない人が多すぎる。

初心者がただ勝つだけならFXはほかのどれよりも簡単&勝ち続けるのは一番難しい

最初はスワップで儲かったとか低レバレッジで少額儲かっただけでも幸せ、というところから始まる。
これはスワップであろうが低レバレッジトレードであろうがどちらでもたいして変わらないです。

FXは株や先物と違って少額でもトレードを開始できるうえ、
先物や株と比べると、普段は素直だし値動きもおとなしいです。
だから、割と初心者でも値動きに順張り投資してる人は勝ちやすいんですよね。

じゃあなんでFXって大勢の人が上手くいかないか?=緩急の差が一番激しいから

もう少し具体的に言えば
・慣れてくるとレバレッジをあげてしまうから
・特にレンジを抜けたときにナンピンしたり逆張りしてしまうから
・「緩急」の急の部分に対応できないから

だいたいこの3つです。

勝ってるときは、低レバレッジでも我慢はできます。
物足りなくてもきれいごとも言えます。

でも、9割以上の投資家は負けたときに一気にレバレッジが上がります。勝ってるときにどれだけ低レバが大事といっててもそんなのすぐ忘れます。メンタルコントロールの難しさなめてはいけない。

SNSのやりとりですぐカッとなるような人が負けてるときにナンピンしたりレバあげたりしない、なんてことはほとんど不可能です。

また、勝ってても徐々にレバレッジをあげていってしまうケースが多いです。これは諸要因ありますが、特にSNSやってる人は知らず知らず周りに合わせて上がっていきます。己にとって最適なレバレッジをすぐに見失うわけです。

最初の2~3回を通過したときにそれでもプラスであれば、その人はレバレッジとの付き合い方やイベントの乗り切り方をわかってくるでしょう。


でも、その際にマイナスになった人は、だいたい最初に言ってた「少額儲かっただけでも幸せ」みたいな言葉のメッキはすぐに外れます。

人間、損したりとか、損を覚悟せざるを得ない状況に陥ったときにこそ本音がでるのであって、それまでに何言ってようが鼻くそほどの価値もありません。

アドバイス

トータルで買ってるときにちゃんと「ルールにしたがって」損切りする経験を。

損切りに根拠を持ったルールを設定できるか。
これを資金に余裕がある間とか勝っている間にできるかどうか。

これができない人は、指数系はまず無理です。
そして大半の人は最後までこれができないまま退場します。

最低でも「最初の壁」を越えるまでにはSNSでFXの話とかしないほうがいい

それまでに我慢できない人、たいてい死にます。

【スポンサーリンク】