先物手口とマンガの感想

先物メインですが、マンガ感想の方もよかったらどうぞ

「オー〇ーズブック」のアフィリエイト記事にはご用心を

Googleの音声自動認識で書いててろくになおしてないので、口癖が入ったり誤字が多くて読みにくいかもしれませんが、流石にこの件で真面目に記事書くのしんどいから許して。



私もあんまり自信がないから騒がないけど、これ普通にあかん奴じゃないかな。


オーナーズブックとはなんぞやという話なんですけどこれはロードスターキャピタルかななんかがやってるらしいソーシャルレンディングです。

ワンルームかなんかのリートは値動きリスクがあるから、オーナーズブックおすすめとかよほど狂ってるか、アフィ目的以外じゃとてもじゃないけど書けない話だと思います。 そもそも何でオーナーズブックはリスクがないことになってるんだ。しかも、一応利回り見てきたけど5%弱だし雑所得だろうし破綻リスク虫出しこんなの客寄せように記事にするなよ楽天証券と思っていたら楽天証券のアフィもものすごい数を記事に貼られててもう絶句するしかないというところですね。

オルタナティブな投資はあってもいいんだけれども現場は大概がクソと言うしかありません、金を入れた時点で負け確定するようなものが多いです。破綻リスクが仮になかったとしても、中抜きされる金額と税制で全く優遇されていないという時点において基本的には娯楽でやるようなものです。


基本、細かく参加者が増えるとまとめるコストも増えるので中抜きもでかくなるというのはある程度仕方がないわけです。というかロットの必要な不動産投資相手を小口に分けるんだから管理コストが高くならざるを得ないっていうのは馬鹿でも考えればわかることですよね。 かと言ってないし金がないと参加もできないというのでは市場が成り立たないから、多少利回りが低かったりリスクも高いけど一般個人でも参加できるように、とこういうビジネスがあるわけです。この構造を理解せずに他人にアフィですすめるとかお前の血は何色だといいたいですね。


今はソーシャルレンディング少なくても不動産投資をやるのであればソーシャルレンディングよりもリートを買って寝ていろ、という一言申し上げたいわけです。そこをですねソーシャルレンディングはリスクがないですからニートよりもマシだからこっちをやりましょうっていうのはクソです。

なんでリート投資のことよく分かってる人はソーシャルレンディングに手を出さずにニートの方をやってるかと言うと、いろんな面を総合的に勘案した時に、ソーシャルレンディングよりもやはりリートの方が良いという結論になるからです。まあこの手のアフィリエイターさんは、「投資家たちはみんなリート買ってるけど ソーシャルレンディングのことわかってない人が多いから見過ごされているだけだ」とか「私は一般の投資家よりもおいしくてリスクも少ない話を知ってます」というていで話をするわけですけどそんなわけないですからね。


そういう面でもリートの着地点は現状ではいい塩梅なのかもしれません。

株式投資200万円から300万円くらいからできますが、不動産投資はやはり500万円から2千万円以上以上とかもそのぐらい必要になるということになるので、それだけの資金を用意できない人が投資をするというのであればやはりリートになるのでありましょうというところです。 

というか、不動産投資自体は、本来金借りるのが前提です。資産のほうにレバレッジをかけて、不動産投資の利回り安定利回りを取りに行くというのが本来の不動産投資です。資産にレバかけないとか、安定性を重視しないなら株式投資やればいいじゃないですか。そこのところをそもそも理解してない人がソーシャルレンディングに手を出すなんてな馬鹿げた話ですね。オーナーズブックがワンルームを中心にしているらしいというのはなんだかんだ比較的ワンルームが売買しやすいからで流動性がまだあるからなのかもしれませんけどね。



オーナーズブックはもっとえぐい仕組みになってるみたいです、「物件を担保として借りたがってる人に対してのみ出資するという仕組みのようです。 四季報見た感じ GA テクノロジー的なやつですねロードスターキャピタルは。


簡単に言えば、かぼちゃの馬車とかレオパレス投資やりたいみたいな個人投資家にみんなで分割して出資するようなもんです。リスクくそ高い。しかも利回りたったの5%という微妙な値ってなにその罰ゲーム。しかもですね、銀行の不動産融資の蛇口が閉まってきているこのタイミングでこのような出資形態って

これ完全にただのソーシャルレンディングですし、その上での不動産融資のリスクが高いところをやってるわけでこれなら手取りで8%ぐらい利回りがないと話になりません。 5%の利回りでお得ですよというような話するのって詐欺師の言い分に近いと思うよ。 私なら絶対に言わないなこんなことは。


ソーシャルレンディングの利回りの源泉がどこから来てるか考えたことあるの?

仕組みを考えて欲しいんですけれども、ソーシャルレンディングに手を出してる人の利回りが8%ってことは。最前線では何パーセントで回さなきゃいかんのかということを考えてください。今地方でも10%ある案件なんてほとんどないわけですよ。

ということをたぶんこのタクスズキさん自身が全然分かってないんじゃないかなと


ソーシャルレンディングに関して他のアフィ記事もいくつか見てみましたけどどれも見るに耐えない品質でそもそも仕組みは分かってない。これ不動産からの収益を前提とした話ちゃうやろ、というところが分かってないわけですね。私も最初タクスズキさんの記事だけ読んで勘違いしてしまいましたわ。これ悪質やな。



あるいは、そもそも自分が理解できてない商品をそういうものですとして他の人に勧めてるってことかもしれないしもしそうだったらこれはあかんでしょと。

どっちかと言うとこれ、リスクの程度を考えたら消費者金融よりの利回りで考えるべき話なんですね。

ということであればあれば、出資先の不動産投資する個人投資家は、レバ5倍くらいかけて7%ぐらいの物件を稼働率90%ぐらいで回していくような形ってことですかね。

キャップ3~4%の案件すらでてきているこのご時世、素人の個人投資家がこの利回りをなんて持続不可能とは言わんけどこんなんじゃないかなー。リスクめちゃくちゃ高いです。どっかで破綻する確率高いです。 

どう考えてもこれがリスクがないとか私だったら口が裂けても言えませんしかもさっき言ったけど破綻リスク低くても利回りがリート以下とかいうクソ案件です。ちょっとひどすぎて絶句しています。



マジでこういうアフィリエイトは嫌悪感が強いかなー。

【スポンサーリンク】