読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

Brexitショックとリーマンショックの違いについて

興味ない人はどっちでも似たようなものに見えるらしく、「リーマン級のショック」をあらかじめ警告したとして安部ちゃんを持ち上げてる人もいるようですが性質的に全く違う気がします。


英離脱に市場大混乱、「リーマン」と異なる波及経路に警戒|ロイター発 World&Business|ダイヤモンド・オンライン

リーマン・ショック」の原因はサブプライム・ローンという特定の金融商品だった。今回は1つの国の問題であり、何か特定の金融商品バブル崩壊的な値崩れを起こしたわけではない。企業や家計のバランスシートも当時と比べて、少なくとも表面上は健全だ。

英国はもともとやばい。が、アメリカやドイツ銀行ほど影響力は大きくない

焦点:英国債、見かけ以上にリスクが高い可能性 | ロイター

英国債の価格は他の安全資産に比べて、英国特有の一時的な需要によってより高い水準に押し上げられている。

英国債には、比較的リスクの高い株式市場や、債務危機の直撃を受けた主に南欧諸国からの資金が流れ込み、米国債ドイツ国債とともに価格が高騰。イングランド銀行(英中央銀行、BOE)による景気刺激のための大規模な買い入れも支えになった。

ただ、一部の投資家が頼みに思っているほど、英国債は安全でないかもしれない。英国は多額の公的債務にあえぎ、インフレ率は相対的に高水準で、ユーロ圏の景気が悪化すれば大きな影響を受ける

米国債の保証コストが過去1年間でほとんど変わっていないのと対照的に、英国債の保証コストは約30%も上昇した。にもかかわらず、英10年債利回りは米10年債利回りよりわずか0.1%ポイント、独10年債利回りより0.4%ポイントそれぞれ高いだけ

英国の経済と銀行システムは、米国よりもユーロ圏の下振れに対してずっとぜい弱で、英国の貿易は約半分が欧州大陸が相手になっている。

特需の1つは、英国の銀行による自己資本基準達成のための買いだが、これは近くなくなる可能性がある。

もう1つはBOEが昨年10月から今年5月初めまでに行った1250億ポンド相当の買い入れで、今やBOEは市場の4分の1以上を保有している。



もちろんBrexitによる英国国債下落が原因で流動性低下や投資控えが継続するとやばいが、さすがにそれは対策されるはず

金融市場の「ハブ」を新たに探さなければならないということだけではなく、世界中のマネーの仲介役となっていた英国の銀行に懸念が及ぶ

英国の銀行格付け(S&P)は大手でAからBBBと大半が低い。英国の銀行が発行している債券は約70兆円と推計
されているが、日本を含む世界中の投資家が投資しており、債券価格が下落すれば影響はグローバルに拡散する。

世界の政府や金融当局も手をこまねいているわけではない。主要7カ国(G7)は、市場の鎮静化に向けた緊急声明を出す方向だ。日銀など中央銀行も、中央銀行間のスワップ取り決めを活用し、流動性供給に万全を期する

英国国債チャート

英国債 チャート | 英ギルト債 チャート | ギルト債 先物チャート

f:id:tyoshiki:20160625205450j:plain

Brexitを受けて金曜日は国際価格は上がった。
やばいのは、株価が下げているのに国際価格も下がった時。この時は本当に逃げなきゃいけない。


今世界的経済危機の本命はやはり中国かドイツ銀行→アメリカへの派生になりそう

【お金は知っている】EU離脱よりも怖い中国の“債務爆弾” IMF分析では当局データの10倍(1/2ページ) - 産経ニュース

銀行融資は2008年9月のリーマン・ショック以降、年率15%前後、一直線で増加してきた。不良債権のほうは12年から徐々に増加し始め、15年から前年同期比50%前後のペースで急増中である。

IMFが4月中旬に発表したグローバル金融安定報告によると、融資残高に対する中国の不良債権比率は14%、国内総生産(GDP)に対する比率は20・7%に上る。円換算の不良債権額は中国当局データから算出すれば、3月末23兆円だが、IMF報告ではその10倍、230兆円へと膨れ上がる。

1990年代のバブル崩壊後の日本と比べてみると、中国の不良債権問題の深刻さがよくわかる。日本の銀行の不良債権の償却ずみ累計と残る問題債権合計の対GDP比率はピーク時の2000年3月末で12%だった。中国はその水準をはるかに超えるし、しかも不良債権は増え続けている。

すでに日本のバブル崩壊時のピークを中国が越えている。まだ明らかにされてないだけで、実態としてはいつ崩壊してもおかしくない。あとはその引き金がいつ、だれによって惹かれるか、という問題らしい。


ドイツ銀行もやばいですね。まだリーマンショック起きてないのにリーマンショック時の底の株価割ってる

http://jp.investing.com/equities/deutsche-bank

f:id:tyoshiki:20160625210637j:plain

実はもうとっくに欧州経済は駄目だったりしてね…はは……はは……

【スポンサーリンク】