読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

「あらた」  アリアケジャパンと同じ縁の下の力持ち

[おすすめ度2:出来高少なく上値が大きいわけでもないので少数保有して堅実に値上がりを期待する銘柄。企業について調べきれないこともあり強くおすすめはできない]

実は今日ちょっとだけ買いました。

インバウンド需要を裏で支える企業です。アリアケジャパン同様裏方に属する企業であるために知名度が低く出来高も少ないですが実は超大企業。売上は6600億、これに対して前期経常利益が24億程度という薄利多売のビジネスです。

各分野の業績はこうなっているようです。
○「ヘルス&ビューティ」
△「トイレタリー」
◎「紙製品」
△「家庭用品」
◎「ペット用品・その他」

◎受託物流

生産性の向上では、受託物流センターの生産性の向上を図るとともに、将来の事務センターを一箇所に集約するための業務軽装備化の推進を行ってまいりました。以上のように収益性向上施策として、売上総利益率の改善、間接部門の集約化や物流費低減などによる経費率の抑制、受託物流事業の収益改善などを推進してまいりました

企業として大きすぎるので残念ながら各事業の内訳や詳細、メイン商品などは不明です。純粋に数字で見るしか無いかなと。これだけ規模が大きいと、全体的な顧客動向や「原油高(光熱費・運搬費)」や、業務効率化、製品価格の変動などの影響が大きくなります。「人件費・材料費など

【増 額】柱の国内卸は増税影響消え、白元倒産の貸倒費用も消滅。ドラッグ向け軸とした訪日客効果に加え紙製品値上げで想定以上に採算向上。17年3月期は倉庫内業務効率化と事務の人件費圧縮で連続増益。【差別化】電子、多言語対応POPなど導入した売り場提案を強化し顧客に食い込む。ROE向上が課題、スペース当たり高単価の化粧品構成比高め収益性高める方針。

このあたりはレポートを信じるしか無い。



チャートについて。

実はここ1ヶ月位ずっと2700円に蓋がされて玉集めがされていました。
なので2700の壁がなくなってするするーと上に言ってたんですがその後戻ってきてしまいました。
まさかここまで戻ってきてくれるとは思わなかった。需給の関係らしく特に悪材料があったわけではないようなので初押しは買い、ということで喜んで購入。明日も安く寄り付かないようであれば有りかな、と。実は優待権利確定も近いのでそういう意味でも買っておきたいなと。

逆に言うと、すでに大人の方がお買い上げてもう売り叩かれてる段階かも知れないのでちょっと警戒が必要でしょう。




インバウンドの裏方といえば「スーパーバッグ」も見てみましたがこちらは今期業績マイナスですね……。

百貨店、専門店向けの紙袋大手。スーパー、コンビニ向けにポリエチレン製のレジ袋も製造販売。

紙製品38(5)、化成品41(0)、他22(1
紙袋、レジ袋とも需要期の年末中心に数量微増。レジ袋は前期後半に低下した原料ポリエチレンが低位安定。ただ、紙袋は前期末の原紙値上げ対応の販価転嫁が遅れ、前号比で営業黒字幅縮小。17年3月期は紙袋の販価転嫁が徐々に進む。

原油価格があれだけやすかったのに赤字って……。これから原油あがっていくのに大丈夫か。




とここまで書いてひっくり返すようですが、私が一番気になってるのは「SBS」です。

なんでこここんなに売られてるんだろう???

【スポンサーリンク】