ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

スクリーニング方法&投資決断理由

ttp://blog.livedoor.jp/rau2rau2/archives/52246629.html


【発掘のルール】
①増益予想である&変則決算、合併等でない
ああ、この時点で「そーせい」とか「ノジマ」とかあかんやん…


②現金>有利子負債、自己資本>50、営業CFプラス
ここらへんはスクリーニング後かな。


時価総額 100億以下④PER 20以下 ⑤ROE 15、営業利益率10
いままでROE軽視してたけど、DCFで考えると必要かもしれない。
そうでなくとも、成長企業に投資する以上このくらいは必要か。




資金管理のルール】
①<発掘のルール>を満たすこと

他の銘柄が全て含み益の場合に新規銘柄を購入する
③含み損は常に1銘柄になるよう調整

1銘柄の損失は全資金の10%までとする
これ面白い。その銘柄の何%、じゃなくて、全資金の何%までか、と。


⑤同一セクターのものを購入しない


利食いのルール】
①3ヶ月以内に安値から3倍に急騰
時価総額が300億円(要見直し)



損切りのルール】
①増収増益が維持できないと分かった時
②上記の要因となりそうな悪材料が発覚した場合(要見直し)



参考になる


ttp://blog.livedoor.jp/rau2rau2/archives/52243524.html
を合わせると…・

ココらへんの問に応えられる銘柄が正解ってことか。
トレンドとかだけで買ってる私はぬるいなー。


IPO1~2年

ROE売上高営業利益率が高い

③売上はまだ低い

自己資本比率が高い(または財務に問題がない)
借金をしてROEを高めているわけではないこと

⑤売上、利益が毎年成長している

時価総額が低い

⑦PERが高すぎない

社長が大株主である、VCの保有が少ない

なるほど、このあたりも、DCF法の原則が理解できると腑に落ちるぞ。

ただ、なかなかこういう銘柄ないよね…だからこそ見つけたら全力で言って良いということか。

【スポンサーリンク】