ワールド・エンド・エコノミカが大好き

主に日本株の銘柄分析をしています。 「WEE」のバートン氏のような格好いい投資家になるのが将来の夢です。

【スポンサーリンク】

「オタサーの姫に告られた結果www」 本当の意味でのサークルを壊すのは勘違いオタクの方である

主人公がクズ過ぎてウケる。

散々人を傷つけておいて、
相手が受け入れてくれないのが悪い、
自分の方が傷ついていると喚き散らす。

姫からもオタサーのメンバーからもさんざん
自己完結野郎と言われているのにそれを受け入れない。

そのくせ、イザすべての人間から見捨てられた瞬間
全力で現実逃避して自己完結に走る。

この、心に映し出されるミウの姿さえアレば何も要らない。僕の心に描いたミウは、絶対に僕を傷つけない。ミウは僕の中にいて心を共有し合える。傷つけあう必要などはなからなかったのだ。嘘ばかりつく女、自分の利益ばかり考える男。そんな汚物みたいな存在が溢れかえる世界で、信じられるのは僕自身だけだ。僕自身は、絶対に僕を裏切らない。心のなかに映しだされた恋人の髪を撫でて、頬にキスをする。もう何も要らない。虚飾と欲望にまみれた人間関係なんて必要ない。僕はミウのために生きていればいい。ああ、なんて素晴らしいんだろう。憎しみも怒りも寂しさも、ウソのようにはれていく。リアルの愛なんて不確かなもの。そんなものに大切な自分自身を重ねるなんてどうかしてる。真実の愛とは、己の中に生まれるものなのだ。僕はミウになり、ミウは僕になり、之こそ最も完成された愛のカタチ。他者を必要としない、人として完成している姿。僕以外のやつらはみんな人間じゃないんだ。だからみだりに傷つけ合いをするんだ。この心理にたどり着くことだけが本当の幸せで、本当の愛なのに。「僕はこっちを選んだからね。」ふわふわと心地よく、満ち足りた気分に浸りながら僕は小さくつぶやいた。


そんなだから、

「一生夢見てろ!外にでてくんじゃねえ。一生幸せな夢見てろよ!それが社会のためなんだよ!自分が可愛いだけのやつは、他人と関係しようとすんな!てめえ、自分が可愛いだけなんだろ?そうなんだろ?わかってんだよ、普段の態度で。そういうやつはな。他人にマイナス感情しか与えないんだよ。だからもう、頼むよ!むりに人の輪にとけこもうとすんなよ!な?な?それが一番世のため人のためなんだよ。お前、浮きまくりなんだよ。そういうやつが勘違いしてコミュニティ壊していくの、本当我慢ならないよ。お前のせいで…ああ、本当全部お前のせいじゃねえか。」


「自分が可愛いだけのやつは、他人と関係しようとすんな!」ほんまこれ。



メイド諸君!鳥取くんもうぜえええええって思ったけど
こいつはそれに輪をかけてクズ。


ここまで屑な主人公をつくろうとした製作者の悪意すごい。

【スポンサーリンク】